教科書の使わない英会話スクール

ブログをご覧の皆さんこんにちは

今回は他の英会話スクールと違って、何故THE EDUCATION TEAM JAPANでは

【教科書を使わないレッスン】




をしているかなどをご紹介します。

結論から申し上げますと【実践あるのみ】ということです‼️

はい、それでは早速質問です

学校で教科書を使っていた人

英会話スクールのレッスンで教科書を使っていた人

YESの人でイマイチ英語が喋れるようになってない方が多いのではないでしょうか

もちろん教科書を使っていても喋れるようになる例はたくさんあります

しかし一般的な使い方では喋れるようにならないのはなぜでしょうか

まず、多くの人が学校教育で義務教育では6年、大学まで行くと合計10年は英語を学んでいることになります。

10年も勉強して喋れないなんてよっぽど英語って難しいんですね

と思ってしまいます。

ですが、ここに大きな落とし穴があるのです

英語(言語)の技能は大きく4つあると習いましたよね。おさらいしてみましょう


①読みREADING

②書きWRITING

③聞くLISTENING

➃話すSPEAKING

学校でこのように習ったと思います。さて4技能全て学んできたでしょうか

①読みREADING

教科書を音読したりしますね。

②書きWRITING

テストや宿題で必ず書きますね。単語を覚えるのにたくさん書いたり、英作文など

③聞くLISTENING

リスニング問題。ALTの先生がいるとネイティブの英語を聞くこともできますね。もちろん英語教師の人でも。


➃話すSPEAKING

・・・自己紹介?My name is .... I like...

これ以外にSPEAKINGした覚えはありますか

そうです➃話すSPEAKINGを実は全然練習していないんです

10年間勉強しても誰もが喋れるようになるわけ"ない"わけです

そのものを勉強したことによって「やった感」はでますが、実践しないと身につかないのは当たり前です。

例えば、私は格闘家(ボクサー)なのでそれを例に出してみましょう。

プロボクサーに運よくなれた人が居たとします。その人が世界チャンピオンになると決めて17歳から

5年、10年ボクシングについて徹底的に勉強します。いろんな有名な選手の試合を見たり、自分なりに分析してみたり長い年月をかけて、落とすとこがないように隅から隅まで他のボクサーに負けないように知識を入れていきます。

5年後や10年後その人は同じ時期にプロになった人と比べれば誰よりもボクシングの知識が高いはずです。ですが、それで試合をいざしてみて勝てるでしょうか


答えはNOですよね


5年間、ましてや10年間実践なしでいざ強豪と試合をしてみて勝てるわけがありません

その間に他の選手たちは何戦もこなし、それ以前に数えきれないほど実践練習をしています

逆に言えば相手が勝って当たり前ということです

特にこういう例えは他のスポーツに置き換えても全く同じだと思います

こうすると、何故私たちが長い期間学んできた英語が全く喋れないわけか少しわかってきますよね

そのため多くの人に必要なことが➃話すSPEAKINGなのです

教科書でいくら文法など勉強しても、それを使う場はテストでしかありません。言葉で出すのではなく、紙に書き出すのです。パソコンで入力するのです。

教科書の章ごとの話で、自分に関連するものはどのくらいありましたか

旅行の話や料理の話、学校の紹介や転校生が来た時の話。。。

そんなことを話すタイミングがそんなにあるでしょうか

日常の会話、自分の表現したいことですか

普段使う言葉は人それぞれ違います。自分と関係ない文章を勉強して言っても覚えづらくもあります。

英単語を調べるときにもその単語の例文が載っていますよね。何か一つ例に調べてみましょう。

goo辞書で【COME】を調べてみました。



自〈人・物などが〉(話し手のいる所・話し手が行く予定の所に)来る やってくる,(話題となっている所へ)来る,(聞き手の所・聞き手が行く予定の所に)行く(inbackonoverdown)≪tointotoward

  • Come (over) here.

  • こっちにおいで

  • She came running.

  • 彼女は走ってきた

  • The rain came down harder.

  • 雨がより激しく降ってきた

  • Here comes the train.

  • 列車が来た

  • Hold on a minute. I'm coming.

  • ちょっと待って,今行くから!

  • Is she coming to the party?

  • 彼女はそのパーティーに来るつもりなの(◆話し手・聞き手のどちらか(あるいは両方)がパーティーに参加予定)


  • The industrial robot has come a long way since the early sixties.

  • ((比喩的に))工業用ロボットは60年代初期から長足の進歩を遂げた

これらをそのまま移していざ実践!はスムーズでしょうか。

まずは自分に置き換えてその単語を使って例文を作ってみてはどうでしょう

言語を使う上で最も重要なことは「自分の思いを伝えること」つまり自分のことを話しますよね

英語を話すにも、英語の単語を覚えるのにも【実践】が必要不可欠です

もう一度先ほどの長年

「勉強だけ」


しているボクサーを思い出してみましょう

実践しないことにはただの頭でっかちになってしまって『やっているつもり』になってしまいます。

小さい頃を思い出して

真似して、発声して、間違えて、気づいて、修正して、習得する

長くはなりましたが

【実践】あるのみ

ということでTHE EDUCATION TEAM JAPANでは【教科書を使わないレッスン】をしています

英会話習得時の割合は、英会話レッスン時が1割残りは日常生活、一人の時間での自己学習(練習)になります。

その僅かなレッスンで文章と向き合って会話をしないでは何のための【英会話レッスン】なのでしょうか

レッスン時には生徒さんは話すのに100%集中しノートは取りません

ノートはコチラがとりレッスン後にフィードバックします

自己学習した中で使ってみたいもの試してみたいものをレッスンで使い、合ってようと間違ってようととにかく「伝えようとすること」が重要です

それを繰り返すことによって自分の表現方法がアップデートされていき徐々に正確に自分の言いたいことを表現できるようになっていきます

生徒のモチヴェーションをあげる

生徒の継続を支える

生徒の悩みを払拭する

【教科書を使わないレッスン】ここにあり

考える力、養っていきましょう

"It all depends on how you look at it."

それでは今回はこの辺でBye for now!!

”IT ALL DEPENDS ON HOW YOU LOOK AT IT”

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

いつもありがとうございます

THE EDUCATION TEAM JAPAN 相模原

日々勉強、日々成長、日々変化

サポート料「0円」グローバル留学センター

日本受付窓口はコチラTHE EDUCATION TEAM JAPANのAKIRAが担当です

カナダ、バンクーバーやトロントへの留学をお考えの方はこちら

【THE EDUCATION TEAM JAPAN とは】 ​

 教育サービスを中心として運営しております。

英語日記添削

オンライン英会話

会員募集中

教科書を使わない超実践型英会話!!

【楽しく、続く、そして身につく】

「苦手なところ」「得意なところ」「自宅での勉強方法」

1.レッスン前の確認

2.レッスン(ENGLISH ONLY)

3.レッスン内容の確認(できた場所できなかった場所、新語/新フレーズの確認)

4.レッスン後のFEEDBACK(LINEにて文章でレッスンノート送信)

などおスムーズに英会話を習得していくために「英会話力を伸ばす」ことに重点をおき、一緒に身につけていきましょう。

THE EDUCATION TEAM JAPAN

代表AKIRA

☎080-4920-1991

LINE: @dli5066d ⇔クイック返信

✉akirabox1013@yahoo.co.jp

ホームページ https://www.the-education-team-japan.com

インスタグラム https://www.instagram.com/the_education_team/?hl=ja

ツイッター https://twitter.com/TETJAPAN

フェイスブック https://www.facebook.com/the.education.team/

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示