ワンフレーズ【風邪引くよ】

2017-01-22

Good evening everyone

皆さんこんばんは



寒かったり暖かかったり

気温がなかなか定まらないですね

体調管理にはくれぐれも気を付けましょう


昨日のブログはアメリカ大統領就任

について長々と書きましたが、

話し足りないので本日も

その話題で続けさせてもらいます



昨日ニュースもこの話題で持ち切り

でしたので、私も気になり再び


第45代アメリカ合衆国大統領

ドナルド・トランプ氏


のスピーチを聞いてみました

アメリカの雇用問題、貧困、犯罪、国境

など様々なことを


「American carnage」

アメリカ大虐殺


と言及しました

この表現で多くの人は

アメリカがいかに悲惨な状況にあるのか

想像できたのではないでしょうか

そして特にこれからトランプ氏が行っていく政策で

雇用問題について白人労働者(トランプ支持者)

にとっては「待ちに待った、やっときたか」

といった具合に喜ばしい出来事なのではないでしょうか


またオバマ氏が就任する際には

流行語のようにもなった

「Yes, we can」

のように言った言葉として今回は

「America First!!」

アメリカ第一!!


でしょうか

様々スピーチをしている中で

歴史に残っているような言葉に近いものを

言っている部分もいくつかあります


聖書からの引用や

第二次世界大戦前に

チャールズ・リンドバーグ氏(飛行家)

が主張していた

「アメリカは欧州の戦争に加わるべきではない」

と言った孤立主義と

America First!!

はつながっているようにも思えます(in my opinion)

そのために中国、メキシコ、そして日本との貿易

を見直すといったのやメキシコとの国境に壁

など全てを意味している

America First!!

は就任前、選挙期間中から強調してきたので

とても深い意味があると思います

このトランプ氏の主張から私たち日本人も

今までアメリカに頼ってきた部分を

見直していかなければなりませんね

さて今回はこの辺にして

ワンフレーズに移りたいと思います


A: Lets go hongout somewhere buddy!

B: Im sorry, I have a cold so I don't want to give you my cold.

A: I hope you get better soon. Please get some rest.

B: By the way, don't you feel cold? You will catch a cold.

    you need to wear something to keep you warm.


前回で三列目までの説明を

終えたかと思います

今回は最後の部分を説明していきますね

初めの部分の

「By the way」

これは話しを切り替えて

「ところで、そういえば」

といった具合で、スモールトークの中でも

つなぎの言葉で使えて非常に便利なので

使ってみてはいかがでしょうか

次にこれですね



You will catch a cold.

風邪引くよ



これはイメージしやすいと思います


1:catch a cold2:have a cold


を比べながら説明したいと思います



1はcatchという動詞から

cold(風邪)をcatch(捕まえる)という

動詞本来(よく使う)のイメージで考えると

わかりやすいのではないのでしょうか

一方2はhave(持っている)という動詞から

cold(風邪)をhave(持っている)という

こちらも1と同様に

わかりますね


風邪を引くという動作

(風邪でない状態から風邪になる)

風邪を引いている

(元々風邪を引いている状態)


今回のワンフレーズはここまでになります

次回の投稿もお楽しみに

-------------------------------------------------------------------------------- -------------------------------------------------------------------------------- ​ 5名限定(残り受付3名)により締め切ります。 2019年1月末日までにお申し込みの方 【PayPay決済】or【LINEPay決済】に限り、週に1回の英会話マンツーマンレッスンを1年間150,000円(税込)にてご案内いたします。 通常4,500円(税抜)が1回辺り3,000円程と非常にお得になっております。 今はやりの【PayPay決済】では全額還元の可能性も? マンツーマン英会話にアドバイス付きのコーチング英会話なので、効率よく身につけられます。 この機会に始めてみましょう!! -------------------------------------------------------------------------------- -------------------------------------------------------------------------------- 【THE EDUCATION TEAM JAPAN とは】  教育サービスを中心として運営しております。 【楽しく、続く、そして身につく】をモットーに全てのサービスに一貫性を持ちサービスを提供しております。 学校教育だけでは中々すべてを学びきれないのが現状です。その学校以外での教育は、親からの教育など幼い頃は一番に受けるものだと思います。他には自分自身、そして周りの環境によって左右されますよね。そんな自分で置く環境によってさまざまだと思います。 2020年東京オリンピックも決まり、年々訪日外国人も増えてきていますよね。いよいよ必要不可欠になってくる「英語」、その中でも日本人はこれまでに英語教育を中学3年間、高校3年間、大学では4年間と最大で10年間は英語を勉強をしています。 しかしながら英語を喋れる人は何%いるでしょうか。周りで英語でコミュニケーションをとれる人は沢山いますか?政府による調査でも7割が話すことができないようです。では残りの3割は英会話ができるのか?その中でも半分の1.5割程しか自分の伝えたいことを表現と言われているそうです。 この原因とされているのが昨今も話題になっている「受験英語」と言われる文法重視の試験用の英語を学んでいるからですね。「受験英語」ばかりやっているから、いくらたっても喋れないわけです。 現在全国各地津々浦々に英会話教室はありますね。しかしながら英会話教室に通っても、なお習得できない人が多いのもまた深刻な問題です。安くないレッスン料を払って通っているのにも関わらず時だけが過ぎていってしまうのです。レッスンを受けるだけでは物足りな人も多いでしょうし、身についてないと感じてしまえば無駄な授業料払ってまで通いたくはありませんよね。 そこでTHE EDUCATION TEAM JAPANでは、レッスンと共にアドバイザーによるカウンセリング、そしてコーチングを提供します。基本的なマンツーマンレッスンに+、レッスン後に直接お客様にコーチングをし、「苦手なところ」「得意なところ」「自宅での勉強方法」などお客様それぞれに合わせてご提案、お伝えしていきます。外国人講師には気づかない細かな部分などを日本人アドバイザーが気づき、スムーズに英会話を習得していくために「英会話力を伸ばす」ことに重点をおき、一緒に身につけていきましょう。 ―――⇩業務内容紹介⇩――― 【英会話レッスン】 【家庭教師】【スポーツレッスン】【コミュニケーション指導】【ライフコーチング】 【留学支援・サポート】 -------------------------------------------------------------------------------- -------------------------------------------------------------------------------- THE EDUCATION TEAM JAPAN 代表AKIRA ☎080-4920-1991 ✉akirabox1013@yahoo.co.jp ホームページ https://tetjcoaching.wixsite.com/the-education-team インスタグラム https://www.instagram.com/the_education_team/?hl=ja ツイッター https://twitter.com/TETJAPAN フェイスブック https://www.facebook.com/the.education.team/

0回の閲覧0件のコメント